HOMEブログ店長ブログ >エアコンクリーニングの流れ

エアコンクリーニングの流れ

2021/03/29
こんにちは、おそうじ本舗手稲星置店 野々川です。
北海道もやっと暖かくなってきました、そろそろエアコンの汚れが気になる時期ですね。
今回は、三菱エアコン霧ヶ峰(お掃除機能付き)のクリーニングの流れをご説明させて頂きます。
メーカーや型番によってお掃除機能の構造は違いますがクリーニングの流れは基本的に同じです。

1、化粧カバーや風向ルーバー(羽)、お掃除機能の機械を全て分解します。
尚、お掃除の機械には電気部品が入っている為、配線を外しながら慎重に分解していきます。

2、本体から取り外した部品です。
この機種はこれだけの部品を取り外さなければなりません。
お掃除機能が付いていますが、けっこう汚れていますね。
画像をクリックして拡大するとよくわかります。

3、次に、養生をして行きます。
ちょつと分かりにくいかもしれませんが、本体両サイドには電気部品が付いていますので洗剤や水が掛からない様にウエスとビニールでしっかりと養生すると同時に、回りに洗剤や水が飛ばない様にカバーをしていきます。写真に入っていませんが、下にバケツを置いて洗った汚水がすべてバケツに溜まるようになっています。
養生の次は、オリジナル洗剤と専用の洗浄機材で内部を丁寧に洗浄して行きます。

4、洗浄中です。

下が、洗浄後の画像です。

5、洗浄後の本体です。

6、熱交換器(アルミフィン)です。
ここで取り込んだ空気を冷やしたり温めたりします。。

7、取り外した部品も綺麗になりました。
8、綺麗に洗ったお掃除機能の部品を配線を繋ぎながら順番に組立して、化粧カバーや風向ルーバーを組み立てし最後に動作の確認をして終了です。

いかがですか、以上がお掃除機能付きエアコンクリーニングの流れです。
今回の機種はお掃除機能付きですが、分解して見ると結構カビや汚れが付いています。
お掃除機能が付いているからクリーニングの必要が無いと勘違いされる方もおりますが、お掃除機能はエアコンの全てをお掃除するのではなく、一部分だけをお掃除する機能です。ご家族の健康の為にも定期的なクリーニングをお勧めします。ご一緒に、内部の汚れの確認をしてみませんか?
汚れの確認は無料で行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい、お待ちしております。
 

おそうじ本舗手稲星置店 0120-501-123 担当 野々川